コールセンター

サービス紹介

受注 受付(予約・応募) ヘルプデスク カスタマーサポート お客様相談窓口 商品案内 アポイント 成果促進 各種調査 など
オペレーター(受信・発信)、ヘルプデスクなどのコールセンター業務全般の運用を行います。リーダー(管理者)にコールセンター業務に熟知したスーパーバイザーを配置したセンター構築を行い、管理・運用から教育までをサポートします。また、様々な勤務形態に対応できるスタッフを配し、コール量の変動に応じたフレキシブルな運用にも対応しています。コンプライアンスに準拠した運用を最優先に、個人情報の取扱いや各種ルールの整備などの安全管理を徹底しております。

コールセンターシステムの特徴

オープンループパートナーズでは、テレマーケティング品質の向上・処理件数の効率化を図り、充実した顧客対応サービスを実現するため、最新のコールセンターシステムを完備しております。

ポップアップ機能

インバウンド&アウトバウンドとも、通話開通と同時に顧客情報が画面に自動ポップアップ。

 

顧客情報を閲覧しながら通話をすることにより、顧客接触品質は向上します。

WEBブラウザ連動機能

コミュニケーター画面(エージェントスクリーン)の下部はインターネットブラウザになっており、既存の顧客管理システムやトークスクリプト、登録情報などを自動表示させることができます。

ACD(自動呼分配機能)

PBXではなくソフトウェア上で、オペレーターに着信を分配するACD (Automatic Call Distributor) 機能を提供します。

 

インバウンドコール(着信)はACD機能により、メッセージにて応答されるか最も待ち時間が長いオペレーターに振り当てられます。

通話録音

キャンペーン単位に、あるいはオペレーター単位に通話録音が可能です。

 

通話録音ファイルには、キャンペーン名・日付・オペレーター名・顧客電話番号等の属性が付与され検索も可能です。

 

また、通話録音は圧縮ファイル化されてハード・ディスク上に保存されます。

IVR(音声応答機能)

インバウンドコールはこの機能により、メニューオプションによって選択された担当グループのオペレーターへと導かれます。

プレディクティブダイアリング機能

通常のダイヤリング・システムが発信先に対応するAgentを特定してから発信を行うのに対して、プレディクティブダイアリングは自動発信し、相手先に接続される時に対応可能なAgentを特定し接続します。

 

接続率は自動計測され、自動的に発信速度を調節します。

 

自動調節のパラメータとして、接続成功率・発信所要時間・平均通話時間・通話完了処理時間・使用可能回線数等を使用し統計処理され、生産性は飛躍的に向上します。

法人・企業様専用窓口

当社サービスに関するお問い合わせはこちらから。