ITセキュリティ事業
ITセキュリティ事業

コアコンピタンス

オープンループ・グループのITセキュリティにおけるコア・コンピタンスは、情報セキュリティの基礎理論から、基礎技術、応用技術、更にはその実装までのすべてを、お客様の状況に適した方法により、安定した品質で提供できる総合的技術力と、一貫した開発体制を備えていることです。

3つのコア技術

オープンループ・グループのITセキュリティは次の3つの技術をコアとして、高度な情報セキュリティ技術を提供します。

■暗号技術

情報セキュリティ技術を基礎から支えているのは暗号技術です。暗号を実現するための暗号アルゴリズムは数式理論をその理論の基礎としているため、高度な数学的素養のバックグラウンドを持つ人材が開発に当たります。
複数のアルゴリズムを組み合わせることによって、より実用的な情報セキュリティ基本技術が実現されます。
本人確認のためのデジタル認証技術や親展通信のためのデジタル封筒技術・プライバシー保護のために、元情報についての知識を一切漏洩することなく、判定や統計などを行うことができるゼロ知識証明技術などがこれに当たります。

■通信プロトコル技術

上記の各種情報セキュリティ基本技術を交互に何度も使用し、インターネットなどの通路上を行き交う時系列の手順(プロトコル)を作っていくことによって、はじめて個々の通信分野で使用できる実用技術として成り立ちます。
インターネット上での電子決済・VPN(Virtual Private Network・仮想専用線)・コンテンツ流通・電子投票などは、こうして作り出されたセキュアな通信プロトコル技術の存在に支えられています。
通信プロトコル開発の実績に基づいた着実な技術力を持ち、実際のネットワーク環境で使用できる実用技術として的確に構築できる人材が開発に当たります。
通信への適用で重要な技術の多くは公開鍵暗号をベースとして使用しており、それらは「PKI(Public Key Infrastructure・公開鍵暗号基盤)」と呼ばれ、ネットワークを介したさまざまなサービス・ソリューションを支える基盤となっています。

■エンベディッド技術

実際にエンドユーザが使用したりサービスが実行される機器の中で情報セキュリティ技術がより安全に効率良く動作するように、基礎暗号技術・情報セキュリティ基本技術・通信プロトコル技術を組み込むための技術がエンベディッド技術です。
エンベディッド技術により命を吹き込まれることによって、携帯電話やデジタル家電のようなエンドユーザに身近な機器から、ASPのサーバコンピュータのような大規模なものまで、さまざまなプラットフォームに情報セキュリティ技術を提供することが可能になります。
さまざまなスケールを持つ機器のハードウェア・ファームウェアの開発経験と、サービスが稼動するプラットフォームの構成に必要なノウハウまでを含めた広範な知識に裏付けられた適正なエンベディッド技術力を持つ人材が開発に当たります。

コアコンピタンス

オープンループ・グループのITセキュリティにおけるコア・コンピタンスは、情報セキュリティの基礎理論から、基礎技術、応用技術、更にはその実装までのすべてを、お客様の状況に適した方法により、安定した品質で提供できる総合的技術力と、一貫した開発体制を備えていることです。

3つのコア技術

オープンループ・グループのITセキュリティは次の3つの技術をコアとして、高度な情報セキュリティ技術を提供します。

暗号技術

情報セキュリティ技術を基礎から支えているのは暗号技術です。暗号を実現するための暗号アルゴリズムは数式理論をその理論の基礎としているため、高度な数学的素養のバックグラウンドを持つ人材が開発に当たります。
複数のアルゴリズムを組み合わせることによって、より実用的な情報セキュリティ基本技術が実現されます。
本人確認のためのデジタル認証技術や親展通信のためのデジタル封筒技術・プライバシー保護のために、元情報についての知識を一切漏洩することなく、判定や統計などを行うことができるゼロ知識証明技術などがこれに当たります。

通信プロトコル技術

上記の各種情報セキュリティ基本技術を交互に何度も使用し、インターネットなどの通路上を行き交う時系列の手順(プロトコル)を作っていくことによって、はじめて個々の通信分野で使用できる実用技術として成り立ちます。
インターネット上での電子決済・VPN(Virtual Private Network・仮想専用線)・コンテンツ流通・電子投票などは、こうして作り出されたセキュアな通信プロトコル技術の存在に支えられています。
通信プロトコル開発の実績に基づいた着実な技術力を持ち、実際のネットワーク環境で使用できる実用技術として的確に構築できる人材が開発に当たります。
通信への適用で重要な技術の多くは公開鍵暗号をベースとして使用しており、それらは「PKI(Public Key Infrastructure・公開鍵暗号基盤)」と呼ばれ、ネットワークを介したさまざまなサービス・ソリューションを支える基盤となっています。

エンベディッド技術

実際にエンドユーザが使用したりサービスが実行される機器の中で情報セキュリティ技術がより安全に効率良く動作するように、基礎暗号技術・情報セキュリティ基本技術・通信プロトコル技術を組み込むための技術がエンベディッド技術です。
エンベディッド技術により命を吹き込まれることによって、携帯電話やデジタル家電のようなエンドユーザに身近な機器から、ASPのサーバコンピュータのような大規模なものまで、さまざまなプラットフォームに情報セキュリティ技術を提供することが可能になります。
さまざまなスケールを持つ機器のハードウェア・ファームウェアの開発経験と、サービスが稼動するプラットフォームの構成に必要なノウハウまでを含めた広範な知識に裏付けられた適正なエンベディッド技術力を持つ人材が開発に当たります。