職務経歴書の作成ポイント


履歴書は、フォーマットが決まっているものがほとんどですが、職務経歴書は特に構成の決まりがありません。自由形式な分、どのように作成すればよいのか難しいと感じている人が多いのではないでしょうか。ここでは、職務経歴書を作成する際におさえておきたい基本をご紹介。魅力的な書類を作って自分をアピールしましょう。

作成前に、まずは自分自身の経歴を棚卸しします。

いきなり作成し始めてしまうと、何から手を付けてよいのか、また自分が何をアピールしたいのかの軸がぶれてしまう可能性があります。まずはこれまでの経歴や将来のキャリアプランをリストアップしてみましょう。

職務経歴書の内容は、会社名・入社年月・退職年月・職種・業種・会社規模・部署名・仕事内容・保有資格・退職理由・志望動機・自己PRなど、多岐に渡ります。

項目ごとに限界まで掘り下げて書き出すことをオススメします。これをもとに、仕事で工夫した点や、成功例・失敗例など、ご自身にしかない具体的なエピソードを盛り込むと、熱意がより伝わると思います。

さらに、転職して何を叶えたいか、どのようにキャリアアップをしたいか、などを付け加えると、より魅力的な職務経歴書になるでしょう。

採用担当者が読みやすい文章や構成にする

面接はもちろん、書類選考も第一印象が大切です。パッと見て「読みづらい」と思わせてしまった瞬間、不利になってしまいます。

どのような構成にしたら読みたくなるか、ということを意識して作成しましょう。文字の大きさや空白などにも気を遣って丁寧に。

項目ごとに限界まで掘り下げて書き出すことをオススメします。これをもとに、仕事で工夫した点や、成功例・失敗例など、ご自身にしかない具体的なエピソードを盛り込むと、熱意がより伝わると思います。

さらに、転職して何を叶えたいか、どのようにキャリアアップをしたいか、などを付け加えると、より魅力的な職務経歴書になるでしょう。

退職理由・志望動機は合否の大きな決め手となります

採用担当者は、「退職理由」から「志望動機」に一貫性があるかどうかを見ています。

「私は●●職としてスキルアップをしたく、転職を決意しました。貴社の△△という経営方針のもと、☓☓の分野で幅広く社会貢献されているところに魅力を感じ、私も○○の経験とスキルを活かして貴社に貢献したいと思い、志望致しました。」

このように、「自分の希望を叶えるには貴社しかない」というストーリー性を持った文章にすると、熱意が伝わる魅力的な経歴書になります。

注意しなければならないのが、「給料が低かった」「人間関係にトラブルがあった」などのネガティブな理由を記載しないことです。採用担当者は長く活躍できる人材を求めているので、退職理由によっては同じような理由ですぐに辞めてしまうのではないかと不安に思ってしまい、採用を見送ってしまうことがあります。あくまでも業務に関することでアピールしましょう。

転職お役立ち情報に関するページ。転職エージェントならオープンループパートナーズの転職支援サービス[CAT]。オープンループパートナーズの転職支援サービス[CAT]だからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。

03-5368-3277

Open Loop Partners, INC.

転職お役立ち情報に関するページ。転職エージェントならオープンループパートナーズの転職支援サービス[CAT]。オープンループパートナーズの転職支援サービス[CAT]だからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。

03-5368-3277

Open Loop Partners, INC.